上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
整形

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

取り急ぎではありますが、記事を投稿いたします( ^^) _旦~~
リクエストしていただいた「ウクライナ」についての記事は次の記事で書かせていただきます。

なんで急いでいるかと言いますと、若造は今日から海外に一週間旅立ってしまうのですよ(^v^)
またかよ!? またなんです、最後の学生期間ですからね(笑)

今回は整形手術の是非について考えてみたいと思います。

皆さんは「整形手術」にどういう意見をお持ちでしょうか??
ポジティブな意見も、ネガティブな意見もあると思います。

ポジティブな意見としては・・・
「自分の顔なんだから好きにすればいい」「綺麗になれば自信がつく」「今は整形ぐらい普通だ」などなどがあるでしょう。

ネガティブな意見としては・・・
「親にもらった顔にキズをつけるなんて」「人間は顔じゃない」「個性を大事にすべきだ」なんかがあると思います。

正直なところ、「個人としての整形」に対する若造自身の考えでは「整形??したければすればいいんじゃないの??」であります。しかし、「社会」を考えると、そう前向きにとらえるのはどうかなと考えたりするのです。

「整形が普通になった社会」を想像してみます。

なぜ整形する人が「整形したい」と思うかと言えば、やはり「美人・イケメン」になりたいからでしょう。なぜ「美人・イケメン」になりたいのかと言うと、人にちやほやされたいからでしょう。

「人間は顔じゃない!!」と良く聞きますが、これは間違いだと若造は思っていまして、正しくは「人間は顔だけじゃない」だと考えています。確かに容貌が優れていなくても、その他の要素が優れている素晴らしい人はたくさんいます。しかし、他人がその人が優れていると知るには一定以上の親密さがあるからなのです。

もしも、通りすがりの人が「イケメンの連続殺人犯」と「ブサイクな慈善事業家」とすれ違ったとしたら、彼の眼には「イケメン」と「ブサイク」という要素しか映りません。

外見が人間の一定の要素を占めることは間違いないでしょう。だからこそ、人々は必死になって自分を着飾るわけです。では、「美容整形手術」もそれらの外見を良くする手段の一つですから、化粧なんかと同じように考えるべきなのでしょうか??

整形と化粧の最大の違いは、言わずもがな「根本を変えるかどうか」です。化粧は洗えば落ちますが、整形は一度変えたら二度と元には戻りません。自分自身の生まれ持った「自分」を捨て去るのです。

もしも、人々が当たり前のように整形をするようになったら、必ず起こるであろうと予想できるのは、「容貌が劣った人への強い風当たり」です。

良いですか、今の社会では女性が化粧をするのを推奨しています。はっきりと社会が公言しているわけではありませんが、実際としてはそうです。元々が美人ならいざ知らず、あまり美人でない人がすっぴんで生活するのは、あまり快く思われません。男性も同様です。社会的地位に応じたブランドを身につけ、ピシッとしたスーツを着ることを毎日義務付けられます。

そもそも、「化粧・ファッション」というものは個人の自由であり、本来は他人に迷惑をかけるものではありません。しかし、「ふさわしくない」という実に曖昧な概念によってそれらは人々に義務として押しつけられるのです。


このこと自体は人間が社会的動物であることから、仕方のない自然現象であり、旧共産圏なみの統制を布かねば変えることができません。

このことを踏まえて、「整形が身だしなみになった」社会がどんな社会化かといえば、ブサイク・ブスに対して、「なんで整形してこないんだ!?社会人にふさわしい顔というものがあるだろう!?」と言われるような社会です。もちろん、はっきりとは言わないでしょう。しかし、就職面接で「顔が劣った人」は合格できなかったり、「顔が劣った人」はプレゼンなどの発表でも聴衆に一歩引かれるのです。

この記事で若造が申し上げているのは極論です。全てがそのまま当てはまるわけではありませんが、まったくの間違いであるとも言えないでしょう。

若造は「そんな社会やだなぁ・・・」と劣った容姿で思うのです(笑)

今回はこのへんで($・・)/~~~

ではではノシ

※若造は今夜から一週間海外に飛び立ってしまうので、その間の更新は停止させていただきます。たびたびで申し訳ない
スポンサーサイト
シュール歴史

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

更新が一週間も滞ってしまいました。
ちゃうねん・・・忙しかったんや・・・こんな若造でもやることあるんや・・・
それでも一定の訪問者がいらっしゃったことに感謝感謝!!

お待たせしちゃった分、本腰入れて記事を書きましょうぞ!!

と言うわけで、今回は一週間も放置してしまったリクエスト、「歴史」をどう捉えるべきかを考えてみましょうか!! リクエストをくれた方、ゴメンナサイm(__)m

さてさて、皆さんは「歴史」とは何だとお考えでしょうか??

日本の歴史教育では、「歴史」をどう捉えるべきかを考える機会が無いような気がします。

「歴史」は大雑把に分けて二つに区分出来ます。
①現実に存在する「もの」の時間的変遷
②「①」を対象化し、記述・記録したもの

我々が一般的に学んでいる「歴史」は主に②となります。

分かりずらい?? 私もそう思ったので、具体例を一つ。
<例>
①:ある若造の一日=起床→朝食→外出準備→最寄り駅まで歩く→電車に乗る→横須賀へ行く→海上自衛隊での講習→……→居酒屋で打ち上げ→横須賀駅まで歩く→……→入浴→就寝準備→就寝
②:若造の日記=今日は横須賀の海上自衛隊を訪ねて、講習を受けた。横須賀地方総監にお会い出来て光栄だった。体験搭乗した護衛艦むらさめは非常に興味深いものだった。

①は「実際に若造がその日に具体的に何をしたのか」であります。
②は「その日の出来事を若造が日記として記述したもの」であります。

実際に体験した若造以外が、若造のその日の出来事を知るには②の日記を読むしかありません。しかし、日記には海上自衛隊研修のことは書いてありますが、「朝食に何を食べたか」や「講習後の打ち上げ」については何も記述されていません。すると、若造の朝食や打ち上げのことは、他の人にとっては無かったも同然の出来事となるのです。

ゆえに「歴史」とは、「誰かが残した資料や痕跡を解釈したもの」だと言いかえることが出来ますね。

さてさて、「歴史」とは「我々の解釈」だということが分かりました。


では、次はいったい「誰が」解釈するのかという話になります。
ここで面白いのが、誰が解釈するのかによって「歴史」というのは大きく変化するという点です。

例えば、「ナポレオン・ボナパルト」という誰もが知る人物がいます。
彼が為したフランス革命からのヨーロッパ席巻は…
フランス人から見れば、「フランス人の国民的英雄」でありますが、
イギリス人やオーストリア人、ロシア人など周辺国家の人からは「許されざる侵略者」として見られているわけです。

さらにさらに、国家だけでなく…
法学者から見たら、「ナポレオン法典」が際立って見えますし
政治学者から見たら、「国民国家の創立者」という点が取り上げられます。
軍事研究家だったら、「三兵戦術」や「国民軍」に注目します。

つまり、何が言いたいのかといいますと、普遍的な「歴史」など無いのです。

「歴史」とは実際に起こったこととは限らず、さらに解釈する人によって姿を変える蜃気楼のような「曖昧さ」を有しています。この「曖昧さ」があることは実にやっかいなことです。

それは曖昧である「歴史」を「道具」として利用できるということです。何の道具かと言いますと、利益を得るための道具です。

我々、日本人ならばこの「歴史」の「道具化」というのは身近なことであると思います。日本は「歴史問題」というものを抱えています。

太平洋戦争時の「歴史的」出来ごとの賠償に関する問題です。中国との間には「南京大虐殺」等に関する歴史問題がありますし、韓国との間には「慰安婦」に関する歴史問題があります。さらに国連規約に日本を敵国だと定めた「敵国条項」があることも歴史問題だと言えます。

これらの歴史問題は、「歴史的」問題であるがために曖昧であり、議論が紛糾しているわけです。個々の個人の思いは別として、国家は少なくともこの歴史問題を「国益のための外交カード」として扱っています。

外交カード、つまりは道具です。「道具」としての「歴史」では、上記の①という意味の歴史はどうでも良いことです。いかに自国(自分)に有利な歴史解釈を国際的に承認させるかという一点に全てがかかっています。

是非、このことを皆さんに分かっていただきたい。南京大虐殺が起こったとされる当時の南京の人口が20万人で、中国が主張する虐殺被害者数が30万人であり、矛盾するだとかそんなことは中国にとってはどうでも良いのです。大事なのは、ただ「利用できるか」どうか、その一点のみであります。

いくら尖閣諸島が歴史的に日本が領有していた証拠を中国に提示しても、むこうはそんなものはどうでもよいのです。だって、事実なんかに興味は無い、ただ「利用できる」から主張するのみであります。

要するに、これら歴史問題を解決する手段は、「相手の主張に反する資料を提示すること」ではなく、「歴史に絡む主張をすることが相手国の国益に繋がらない状況を作る」ことです。

ここで、このブログに書き込まれた質問の一部を貼ります↓↓

「朝鮮史」の内容がどうも薄いなと。どうやら"まだはっきりしない部分が多い"...ということのようなのですが、やはり世界に開かれないと、国の歴史を掘り下げることすらままならないものなのでしょうか。それとも、歴史も含めた国内情報に、流出規制がかかっているだけ...?
長くなりました。
各国にはそれぞれに、例外なく誇るべき歴史があって、どんなに糞な現代情勢でも、先人が成してきたものは代わりない。世界中に広く周知されるべきと思ったのです。
「朝鮮史」については、単純に金銭的な問題ならば、大いに勿体無い話ですが;
若造さん、どう思われますか?


このコメントをくださった方は各国の歴史を調べていくうちに朝鮮史の不明確さに気付いたそうです。古代・中世朝鮮の史跡が多い北部が北朝鮮であることが、朝鮮半島の歴史があまり研究出来ていない原因の一つでありますが、もう一つの理由は韓国の「歴史問題」があると若造は考えています。

「独立国家であった朝鮮国家を、日本が侵略して主権を剥奪した」というのが、韓国・北朝鮮の主張であります。今日、少なくとも中国に残されている歴史的書物によれば、朝鮮国家は中世以来、何百年もの間、中国の歴代王朝の隷属国家であったとされています。

この「隷属国家」であったという「歴史」は、現在の北朝鮮・韓国の主張と喰い違い、現在の国益に反する事態を招きかねません。ゆえに発掘に乗り気ではないのだと思います。

私はこの「歴史の道具化」を批判する気はありません。現在の国際秩序を形成した第二次世界大戦の敗戦国である日本は「歴史の道具化」のターゲットとなることが多いですが、逆に戦勝国だった場合でもやはり「歴史の道具化」を利用していたでしょう。

正直、歴史を利用するのは非常にメリットがあるやり方ですので、もしも若造が政治家だったら利用するのだと思います。

大切なのは、「歴史問題」の本質が何であるのか、どのように対処すべきなのかを為政者が理解していることであり、我々国民が理解していることであります。

ピンポンパンポーン:今回の記事の「歴史」は「国家」を主体として考えています。歴史的事象に思いを抱いている個々人はこの限りではありません。


今回はこのへんで($・・)/~~~

ではではノシ
舛添要一

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

先週は更新を休んで申し訳ありません。実は、若造は塾で講師のアルバイトをしているのですが、受験を控えた生徒たちにオリジナル歴史プリントを作ってあげようと思い、先週はプリント作りに時間を割いていたのです(^_^;)

ところで・・・雪!!
なんですか一昨日の降雪量は!?
若造は昨日、我が家の駐車場の雪かきをしたのですが、おかげで上半身筋肉痛です(笑) 雪国に住んでいる人の苦労が少しは実感できました・・・。

さて、そんな話は置いておきまして、今回の話題は、昨日投開票が行われました都知事選を取り上げたいと思います。

昨日の投開票の結果、「舛添要一」氏が当選し、都知事になることが確定しました。その開票結果は以下の通り↓↓↓

有効票総数:4,869,098票
舛添要一 氏:2,112,979票
宇都宮健児 氏:982,594票
細川護熙 氏:956,063票
田母神俊雄 氏:610,865票

以下略・・・
(詳しく知りたい方は選挙管理委員会のサイトをご覧ください→http://sokuho.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/)

1位:舛添要一、2位:宇都宮健児、3位細川護熙、4位田母神俊雄と、得票数順は下馬評通りですね。しかし、得票割合を見ると、43%が舛添要一氏でありますから、舛添要一氏の圧勝と言う評価が出来ます。2位と3位の得票数を足しても舛添氏の得票数に勝てません(-。-)y-゜゜゜

なぜここまで、舛添氏が圧勝したのでしょうか??
若造も都民ですから、もちろん投票を行いました。そして、実は舛添氏に投票しました。そんな都民の目から今回の選挙の感想を述べたいと思います。

まず投票前から盛んにメディアに取り上げられたのは、舛添氏・宇都宮氏・細川氏・田母神氏の4人です。しかし、メディアで最大の争点として扱われたのは、なぜか都政と関わりの薄い「原発問題」であり、有権者である都民が置いてけぼりになった感が否めません。

今日になって雇用・福祉問題が大きく取り上げられだしたのが、ちょっと滑稽であり、憤りを覚える印象です。

そして、各候補の都政政策が都民に浸透していないことに加え、投票日前日の大雪ですよ。雪国の人にとっては鼻で笑えるレベルかもしれませんが、20センチを超える降雪量は東京都にとっては異常事態です。

投票日には道と言う道が雪で覆われ、雪慣れしていない都民が外出するのは大変なことでした。あれは老人とかは投票に行けませんよ。その結果、投票率は46.16%という過去3番目の低さとなりました。

今回の選挙戦の印象は以上です。なぜ、舛添氏が圧勝できたかですが、個人的な意見を述べさせていただきますと、ずばり「無難」だからです。

正直言っていいですか?? 「ロクな候補者がいねぇ!!」というのが多くの都民の意見だったように思えます。しかも、各候補者の政策も具体的に把握できていませんので、投票した人の多くが消去法で選んだのだと考えます(^_^;)

舛添氏を「素晴らしい政治家」だと考えている人がどれだけいるか分かりません。しかし、彼は「無難」なんですよ。有力候補の中で一番、中間的な政策を掲げており、かつ大臣経験者でもある舛添氏は、消去法で投票する投票先としては頭一つ抜けているでしょう。

よって舛添要一氏が大勝する結果になったのだと思います。

今回の投票結果で面白い点がもう一つ、それは20代という若い層で田母神氏の得票率が高かったことです。田母神氏は年代が若くなればなるほど得票率が上がっております。(20代:24% 30代:17% 40代:14% 50代:11% 60代:7% 70代以上:6%)

田母神氏は候補者の中でとりわけ保守色が強い候補でして、良いか悪いかは別にして、若い世代の中で「保守思想」が評価を得るようになっていることを示しているのでしょう。田母神氏は元航空幕僚長(航空自衛隊のトップ)というのを最大のウリにしていましたしね。

若造もどちらかと言えば保守的な方ですが、田母神氏とは考え方が違うのと、彼は政治家には向かないなと考えたことで、今回は投票を見送りました(゜_゜>)

それにしても・・・投票率低いな~~・・・(@_@;)
良いと思える候補者がいなくても、とりあえず投票することは民主主義にとって重要なんです。白紙投票でもいいので、出来る限りは投票するようにしましょう<(_ _)>

ではではノシ
2014.02.04 お知らせ!!
一身上の都合により、今週はブログ更新をお休みします。

それと閲覧数が地味に5000超えました!!

わーい、わーい!!($・・)/~~~

それなのに、更新が今週は滞ります。そうです、空気が読めない若造です。

それと、記事のネタに困ることがたびたびありますので、何かリクエスト等がありましたら、コメントしておいてくださると助かります。

では、また来週にノシ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。