上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん、こんにちは

私、若造は自衛隊に大きな関心を持っています。

東日本大震災で、被災者の方々を救出した自衛隊は国民の人気がうなぎ登りしました。

しかし、意外と知られていない「世界が自衛隊についてどう思ってるの??」ってことについて、お話しようかな~と思っています。

ところで、近々、自衛隊の新型護衛艦が完成するってニュースご存じですか??

その名も「いずも型護衛艦」!!

全長248メートルもの大きさを誇るヘリ空母・・・いや、ヘリ搭載型護衛艦です!!

http://ja.wikipedia.org/wiki/19500%E3%83%88%E3%83%B3%E5%9E%8B%E8%AD%B7%E8%A1%9B%E8%89%A6

http://mainichi.jp/select/news/20130717ddm002010196000c.html

なんで自衛隊の艦船って「護衛艦」って呼称なのでしょう??

各国の軍隊を見てみると、「護衛艦」なんて種類の艦船はなく、空母・戦艦・巡洋艦・駆逐艦・フリーゲートなどなど大きさや役割によって、呼び名が決まっています。

しかし、自衛隊が使っている艦船はまとめて「護衛艦」です。

なんとなく予想されているでしょうが、自衛隊は「憲法解釈上、軍隊ではない」ので、自衛隊が使っている艦船もあくまで自衛用の兵器ですよってことを示すために「護衛艦」と呼んでいるのです。

それゆえに、今回の新型艦船も「ヘリ搭載型護衛艦」という区分なんですね。(どう見ても空母です、本当にありがとうございました・・・)

さて、話がそれましたが、本題に入りましょう。

自衛隊は世界からどんな組織だと思われてるの??

実は、自衛隊は世界でも高い実力を誇ります。この実力の高さは世界の軍隊でも有名で、特に対潜水艦能力は世界トップクラスです。

しかし、一方で自衛隊という組織形態は理解されがたいようです。自衛隊は英語で「Japn Self Deffence Force」というのですが、しばしば「Japanese Army(日本軍)」という呼称がされたりします。

自衛隊ほどの実力と規模を持ちながら、「軍隊じゃない」っていうのが理解されないのです。ぶっちゃけ、日本でもかなり苦しい解釈だと思います。そこは憲法9条との兼ね合いが必要な日本の特殊なお家事情・・・。

この自衛隊という組織への理解の無さは、思わぬ自衛隊への反感を生んでいるようです。

例えば、自衛隊はPKO活動に従事するようになりました。PKOとは「peace keeping operation(平和維持活動)」のことで、紛争地域などの復興などを支援する活動のことです。

自衛隊は海外で戦闘するわけにはいかないので、このPKO活動を行えるのは非紛争地域のみです。

すると、当然ですが、他国の軍隊は「なんで日本の軍隊は安全な場所でしか、PKOしないんだ!!」ってなるわけです。他国の軍隊から見たら、憲法9条なんて知ったこっちゃないのです。

一方で、他国の政治家も自衛隊の事情を理解している人は少ないですよ。

アメリカの政治家ですら、よっぽどの知日家じゃないと憲法9条の存在すら知りません。「いやいや、憲法9条作ったのオタクらじゃん!!」って言いたいですね(笑)

アメリカですらこんな感じなんだから、ほかの国は推して測るべしってとこですか・・・。

だからこそ、湾岸戦争の際に「日本は金は出しても、人は出さない」って批判が起こるわけですね。

今後、自衛隊をどうすべきなのかは私たち国民が決めなければいけないのですよ($・・)/~~~

ではではノシ

追記:相互リンクしてくださる方募集してます
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/13-93a9f0c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。