上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人間にとって「外見」と「中身」ってどっちが重要なのかというのは、世間でよく議論されていることのような気がするのです。

多くの人は「やっぱり「中身」が大事だよ」と言ってくれますね。私もそう思います。

でも、「外見」も同じぐらい大事だと思うのです。

というのも、「外見」が劣っている人は「中身」を見てもらえないのです。


例えば、誰もが振り返るほど顔が良い人には多くの人が寄っていくでしょう。そして、その人柄を判断して、その後も関係を維持していくかを判断するのだと思います。

では、逆に周りが引いてしまうほど醜い顔の人がいたとします。おそらく、この人には誰も寄っていきませんし、交流が無ければ「中身」など分かるはずもありません。

「いや、醜い人でも尊敬されるような人はいる」

こういう反論があると思います。

その通りです。でも、そういう人は「中身」によって評価されています。つまりは、人が寄って来なくても自分から人に寄って行く積極性があるような「外見」のマイナスを補う「中身」のプラスですとか、仕事上の都合でやむを得なく交流を図ったら「中身」が素晴らしかったですとかの環境的要因です。

じゃあ、やっぱり「外見」は重要じゃないのかと言えば、そんなことはないですよね?
外見」が良ければ、人に「中身」を見てもらう機会が多いわけですから。


「そんなこと言っても、外見は変えられないじゃないか」
確かに顔は生まれ持ったものですから、整形でもしなきゃ変えられません。
でも、人間の「外見」と言うのは顔だけではありません。髪型とか服装なども人間の「外見」です。

たまに、「人間は「中身」が大事だから、「外見」に気をつかわない」という人がいます。
でも「外見」に気をつかわなきゃ、「中身」を見てもらえませんよ?

ボサボサ頭でヨレヨレの服の姿で人に寄って行っても、大抵は避けられちゃいます。
やっぱり人に不快感を与えない程度には「外見」に気をつけなきゃダメですよね?

正直、顔というよりも、身だしなみが重要なのでしょう。「清潔感」が大事ですね。


さて、エラそうに語っている若造の私も、「外見」ではイケメンとの大きな差を日々感じていますが(泣)、それでも人に不快感を与えない程度には「外見」にも気をつけようと思うのです。それに「中身」も精進せねば・・・。

                                                                   ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/2-49cccfb3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。