上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半沢直樹

私、若造は今日は一日暇だったので、親がタメ撮りしていた話題のドラマ半沢直樹を見ていました。

何これ!!めっちゃ面白いんですけど(@_@;) 話題になるだけありますね。

一話から六話まで、一気見してしまいましたw

分かりやすい勧善懲悪役者さんたちの素晴らしい演技最近のドラマにありがちな脈絡のない恋愛要素の排除などなど、「なるほど、面白いわけだ」と思える特徴がたくさんありました。

いや~、しかしドラマとは言え、半沢直樹で描かれている銀行マンの世界はあながち適当でもないようです。
http://diamond.jp/articles/-/39353

足の引っ張り合いや、他人を蹴落とし上司の嫌がらせなど「あるある」な部分もあるようです・・・。

ですが、現実に半沢直樹みたいなことをしたら、干されて終わりでしょうね。「倍返し」なんてしてる場合じゃないでしょうな(笑) 原作者の方も現実では真似しないようにと注意勧告しています(・.・;)

でも、今年から就活を始める学生は、銀行員志望増えると思いますよ。「俺も半沢直樹みたいに出世街道を駆けのぼってやる」とか夢見るのでしょう。

私は逆に「銀行マンになりたくねえ・・・」と思いました。あんな世界にいたら、胃に穴があいて死んでしまう・・・。

あのドラマに影響されて、銀行マンを目指すような学生は、半沢直樹ばかりに自分を重ね合わせて、その周囲の出向させられた登場人物たちは眼中にないのかもしれません。しかし、一方でそういう出向させられた人物ばかりに目が行ってしまう私のような若者は増えてほしくないですけどね(笑) 若いうちは夢を持たなくては!!

でもやっぱり・・・半沢直樹はかっこいいなぁ・・・(>_<)

私も彼ほど機転が利いて、度胸がある人間になれたらいいなと思います。

まぁ、それでも銀行マンにはなりたくないですが(@_@;)
若造には、若造の成功したい業界があるのです(^^)/

原作読んでみようかなと思って調べたら、「俺たちバブル入行組」っていう本なんですね。
うん、タイトル変えて良かったかなw
オレたちバブル入行組 (文春文庫)オレたちバブル入行組 (文春文庫)
(2007/12/06)
池井戸 潤

商品詳細を見る


「私も私の目標に向かって頑張ろう!!」と見てて思った若造でした($・・)/~~~

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/26-0b6fe1fb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。