上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
都市伝説

ふむ、そうか、バレンタインデーは都市伝説だったのか・・・。
どうりで毎年、ロクにチョコをもらえなかったわけだ・・・都市伝説なら納得・・・(-。-)y-゜゜゜

あ、どうも皆さんこんにちわ、若造です、($・・)/~~~

今回の記事は海外の都市伝説についてです。

最近のこのブログの記事は堅苦しい話題ばっかりだったので、たまには、軽く読める話題もいいよね(^_^)

ではさっそく本題に入りましょうか。

さてさて、日本で都市伝説といえば、何を思い浮かべますか??何を思い浮かべるかは結構、世代によって分かれるのではないでしょうか??

ちなみに私がパッと思いついたのは、「むらさき鏡」ですかね。20歳の誕生日までに「むらさき鏡」という言葉を覚えていると死ぬって話でした。小学生のころは必死に忘れようとしましたが、必死な時点で忘れられるわけないですよね(笑) ちなみに19歳のときに小学校からの友人に「むらさき鏡って覚えてる??」と言われ、思い出してしまいました(友人は既に20歳だった)。殴っときましたwまぁ、結局は死ななかったですがねw

私よりも上の世代なら「口裂け女」とか「メリーさん」とかなんですかね??

逆に下の世代はどうなんでしょうね、「くねくね」とか「独りかくれんぼ」とかですかね??

では、皆さんは海外にどんな都市伝説があるかご存知ですか??
代表的ないくつかの海外のホラーな都市伝説をご紹介します。

呪物系都市伝説

①ザ・バズビー・ストゥープ・チェア
バズビー
通称「座った者に死を招く椅子」です。もともとは絞首刑に処された男が所持していたようですが、彼の死後に、ある酒場に置かれるようになったそうです。気味悪がって誰も座りませんでしたが、酔っぱらった若い軍人の間で度胸試しに座ってみようぜってなり、何人かの軍人が座ったところ、全員事故やらなんやらで死んだそうです。分かっているだけで300年間で61人がこの椅子に座って死んだ模様。現在はイギリスのサースク博物館に展示されてますが、誰も座れないように宙に浮くように紐で縛られてます。

②ホープ・ダイヤモンド
ホープ・ダイヤモンド
通称「呪いのダイヤモンド」です。極めて珍しく、高価なブルーダイヤモンドですが、これを身に付けた人間は非業の死を遂げるといういわくつきの代物。かつてのルイ16世やマリー・アントワネットもこのダイヤの所持者でしたが、ご存じのとおり、フランス革命にて処刑されました。あのマリリン・モンローもこのダイヤを身につけたことがあり、その結果、不審死を遂げたとも言われています。現在はスミソニアン博物館に展示されてます。

③ウィジャ・ボード
ウィジャ
海外版のこっくりさんです。原理もまったくこっくりさんと同じで、霊的な何かを呼び出して、質問に答えてもらおうという儀式です。こっくりさんの場合は途中で指を離したら呪われるという話がありましたが、このウィジャ盤にはあまりそういう話を聞きません。一時期すごい人気が出たため、様々な亜種が誕生し、中にはmaybe(たぶん)の表示があるのも存在するとか。たぶんて(笑)

怪人系都市伝説

①切り裂きジャック
切り裂き
有名すぎて、日本人でも普通に知ってますね。もともとは19世紀イギリスで起こった連続猟奇殺人がベースとなったもの。殺された被害者の体の一部を切り取るという手口で何人もの人間を殺したそうです。被害者は女性ばかりで、未解決で終わった伝説的事件です。夜、女性が一人で歩いていると、切り裂きジャックに殺されてしまうそうですよ\(◎o◎)/!

②ブギ―マン
ブギ―マン
ブギ―マンはあらゆる国で伝承されている都市伝説。どういう姿をしていて、どういう存在なのかは、その国々や地方によってバラバラです。共通するのが、「子供をターゲットにする」という点。どうやら、各国の親たちが子供に「悪いことするとブギ―マンが家に来るぞ」と躾けに使っていた模様です。後は子供の豊かな想像力で様々な設定がなされたのでしょう。

③THIS MAN(ディスマン)
thisman.jpg
世界中の多くの人間の夢に出てくる謎の人物らしいです。もしかしたら、皆さんの夢にも出てきたことがあるかもしれません。国や地域を問わずに夢に出てくるこの人物の正体はいったい誰なのか??ということが世界中で議論されています。本当に大勢の人が見たことあるそうです\(◎o◎)/!

④The man under the bed(ベッドの下の男) ベッドの下の男
これは日本でも有名になった都市伝説ですが、もともとはアメリカの都市伝説のようです。ベッドの下に正体不明の男が潜んでいて、隙をみて殺しにかかってくるというもの。「あるホテルに泊まった男性が、ベッドの上で寝煙草をしていて煙草を床に落としてしまったところ、ベッドの下で何者かの手が煙草を揉み消すのが見えたので、「トイレに行きたい」などと独り言を言いつつ部屋を出て難を逃れた」という似た話がヨーロッパにもあるそうです。皆さんのベッドの下は大丈夫ですか??(^v^)


さて、色んな都市伝説があるものですね。海外でもまた、世代によって語り継がれる都市伝説が違うのでしょうか??日々、様々な都市伝説が生まれていくのでしょう。

ホラー話が嫌いじゃない若造でした。

ところで、私、ずっと気になってたんですけど・・・・

あなたの後ろにずっと立っている女性は誰ですか・・・??
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/30-5ccf5fca
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。