上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
瀬戸内海

皆さん、こんにちわ($・・)/~~~

今回は昨日まで行っていた関西についての記事を書かせていただきます。長くなりそうなので、何分割かします。

今回、私は2週間ぐらいかけて東京→岡山→愛媛→広島→岡山→東京と回ってきました。

岡山については、「岡山より愛を込めて」で書かせていただきましたので、今回は愛媛についてからです。

愛媛には初めて行ったのですが、行くまで私が持っている愛媛のイメージは「ぽんジュース」しかありませんでした(笑) 愛媛の人、ごめんなさい(@_@;)

いやいや実際に行って、なかなかに良いところでした。

まずは愛媛の県庁所在地、松山に足を運びました。松山に行ったことある人は分かると思うのですが、路面電車が走っていまして、これが移動手段として非常に優秀です。一日乗車券も300円で買えましたしね(^_^)

松山と言えば、四国最大の城である「松山城」と、万葉集にも記述がある「道後温泉」です。それと、夏目漱石の「坊ちゃん」の舞台としても名高いですね。

松山城

松山城は豊臣秀吉→徳川家康と仕えた加藤嘉明(かとうたかあき)が築城した城で、天守閣が残っている「現存12天守」の一つです。この城は山城ですので、見学のためにロープウェイかリフトを利用しました。この城には、江戸時代に書かれた侍の落書きがあるのですが、今の絵とあまり変わらなくて面白い(笑)
道後温泉

道後温泉はガチで歴史のある温泉で、道後温泉の本館は重要文化財に指定されています。それと、どうやらこの本館はジブリ映画「千と千尋の神隠し」の舞台のモデルにもなったらしいです。確かに雰囲気が出てますね。温泉にも入りましたが、良い!!実に良い!!若造の疲れてガタがきていた体に沁みわたるお湯でした_(_^_)_

坂の上の雲
それと行くまでは完全に忘れていたのですが、松山と言えば坂の上の雲ですよ!!皆さん、知ってますよね??司馬遼太郎の歴史小説で、明治の文明開化から、日清日露戦争までを描いた作品です。若造はこの小説の大ファンでして、2009年にNHKでやっていた坂の上の雲のドラマは何度も繰り返し見ましたし、原作も3回は読んでいます。知らない人は、ぜひドラマなり原作なりに触れてみることを強くお薦めします!!特にドラマは最近のNHKらしからぬほど金のかかった作品でして、このドラマに勝てる邦画がどれだけあるの??と感じるほど良くできています。

鯛飯

若造と言えば、グルメですよ(笑) 愛媛で食べた中でウマい!!と思ったのは、「宇和島鯛めし」です。鯛めしと言えば、鯛が使われた炊き込みご飯を想像する人が多いと思うのですが、「宇和島鯛めし」は鯛の刺身が載った丼です。甘辛いたれが鯛とベストマッチして、最高にウマかったです。炊き込みご飯タイプもいいけど、私はこちらのほうが好きかもです。これは東京でも食べたい!!

今回はこの辺で($・・)/~~~

ではではノシ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/38-e106bdd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。