上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヘイトスピーチ

どうやら最近、反韓国・反中国のデモ活動と言いますか、「ヘイトスピーチ」なるものが流行っているようです。また、これらのヘイトスピーチに対抗するカウンターデモも行われているようです。

個人的に、この類のデモを考える際、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が思い浮かびます。それに対抗しているのは「レイシストしばき隊」ですかね。実は若造は、この手の団体があまり好きではないのです(;一_一)

確かに韓国・中国は、日本と政治的に対立していますし、私としてもたまにイラっとさせられる国々でもあります。しかし、そういう国家レベルの問題を、在日朝鮮人や在日中国人といった一般個人に訴えても意味はないです。

彼らの主張する「在日特権」なるものも、実在したとしても、新大久保の一般在日朝鮮人を非難しても解決しないでしょう。するならば、韓国民団なり、朝鮮総連なり、組織にするべきです。

それにデモのやり方がよろしくない。「殺せ」だのなんだのの過激な言葉を使うべきではないでしょう。韓国や中国では反日デモの際、「日の丸を燃やす」ことや「日本と戦争しろ」だの過激な言葉が飛び交ってますが、それを見て我々は「うわ~~^_^;」って引いちゃうでしょう?? それと同じことをしてどうするのだと思うのです。

デモ自体を否定しているわけじゃありません。むしろ、デモはやるべきです。しかし、国民の品位を疑われるようなデモをするべきではないでしょう。愛国を叫んでデモをしていたとしても、結局は国益にマイナスな結果しか生み出さないことになります。

同じ思想の人間だけが集まり、団結し、行動すれば、それに反する考えは一切合切が「自分たちとは異なる排除すべきもの」だと考えがちになり、思考は凝り固まります。主張も大事ですが、議論もまた大事なのです。

こんなお話があります。「過激派はお互いに援け合う
日本と中国を例に出します。日本が尖閣国有化をしますと、中国国内で反日ムードが高まり、反日暴動が起こりました。その暴動を受けて、今度は日本国内に反中的な意見が高まり始め、日本政府も尖閣問題に関する声明を出します。その声明を受けて、中国政府は反発し、尖閣諸島近海に漁業監視船を派遣しました。

一方の強硬な意見は、もう一方の強硬な行動に触発されていることが分かります。

韓国を見てみてください。大統領選のたびに、支持率確保のために反日をしていますよね?? 韓国は歴史的に国民の対日感情を煽ってきましたが、その結果として、反日をしなければ支持率を確保できない事態を招いたのです。このことは「本来は日本と協力しなければならない分野」での日韓協力も滞るという、結局は自分の首を絞めることになっているのです。

韓国の例を他人事だと思うか、反面教師とすべきか、皆さんはどうお考えでしょうか??

中国や韓国は確かに付き合いづらい国々です。しかし、隣国である以上、国交を持たないわけにはいきません。北朝鮮問題など協力を求めなければならない場面があるのも事実です。日本の愛国者なのだったら、冷静に日本の国益について考える必要があるでしょう\(゜ロ\)(/ロ゜)/

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/43-8532fcd4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。