上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
見えざるピンクのユニコーン

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

予告通り、前回に引き続き、冗談宗教についてのお話です。

見えざるピンクのユニコーン(英:Invisible Pink Unicorn)

この冗談宗教は「神は存在しない」と主張する無神論者のための宗教です。というわけで、この宗教には既存の宗教に対しての皮肉が到る所に見られます。

まず「見えざるピンクのユニコーン」という名前がそもそも神を皮肉ってます。見えないのに、なぜかピンク色とされているユニコーンを逆説的に用いてるのが、宗教への皮肉です。要は、「誰にも見えないし、誰も会ったことがないのに、聖書には神に関する記述があり、しかもそれを信じちゃってる」と宗教批判しているのです。

この「見えざるピンクのユニコーン」、実は基礎となったのは東アジアの文化的な考えです。例えば、日本でも良く言われていますが、「小指には運命の相手と繋がっている見えない赤い糸が結ばれている」ってのがあるじゃないですか?? 見えないのに、なぜ赤い糸だと分かるのだ・・・ってことです。

こんな「見えざるピンクのユニコーン」ですが、実は真面目に神学論争が行われており、結構な論争があるようです。 まぁ、この真面目な振りをした論争も、既存の神学論争を皮肉っているわけですが・・・。 とりあえず、一致を見たのは、「見えざるピンクのユニコーンは、ハムとパイナップルのピザが好物」だということです。一部のベジタリアンは、「ハムじゃなくてマッシュルームだ!!」と反論しているそう。うん、どうでもいいですね(笑)

それでも、この宗教にも「悪魔」的な存在がいます。それは「紫の牡蠣」(The Purple Oyster)です。 『聖ブライスの長ったらしい黙示録』にその記述が見られます。もう、なんでもありです(・.・;)

ジェダイ教(英:jedaism)
ジェダイ


皆が大好き、「スターウォーズ」。ジョージ・ルーカス監督の名作SF映画です。この作品に登場する「ジェダイ」の騎士になろうとする宗教が、「ジェダイ教」です。もう正に冗談宗教といった感じですね。

スターウォーズが世界中で人気であるがゆえに、世界中に信者がいます。オーストラリアの国勢調査で「オーストラリア、ニュージーランドで10万人の信者がいる」と結論付けられたことも・・・。世界中で推定50万人以上の信者がいるとか。

このジェダイ教では、「外出するときはフードや帽子をかぶるべし」という教えがあります。そう、ちょうど画像のジェダイ達のようにですね。それが原因で裁判沙汰になったことも(笑)

イギリスのスーパーマーケットでで、ジェダイ教の教え通りに、フードをかぶって入店した男性が、店員に防犯上の理由で追い出されました。これに激怒した男性が「宗教差別だ!!」とスーパーを訴えたのです。う~ん、難しい問題ですね(-_-;) でも、映画ではいつもオビ・ワンたちがフードをかぶっていたわけじゃないような(笑)

ジェダイの騎士ですか・・・若造もなってみたいですね!!フォース使いたいですね!!(笑)


ちょっとリアルが忙しいために今回はこのへんで・・・(@_@;)

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/51-881a1559
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。