上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和食

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

どうやら我々の国、日本の「和食」が世界無形文化遺産に登録される動きがあるようなので、その話題をしましょう。       
        
         ↓クリック↓
「和食」が無形文化遺産に ユネスコの事前審査通る

無形文化遺産とは、「民族文化財、フォークロア、口承伝統などの無形のものを保護対象とすることを目指したもの」です。日本では歌舞伎や、アイヌの伝統古式舞踊なんかの計22個がすでに登録されてます。

文化遺産というぐらいですから、文化的なものじゃなきゃいけません。「和食」は日本の「自然を尊重する伝統的生活様式」が垣間見られるから登録されるそうです。食文化としては、フランス料理やトルコ麦粥なんかが登録されています。

政府としては、「福島第一原発の事故で損なわれた日本の食材への信頼を回復することに繋がれば」と期待しているようです。風評被害ヤバそうですもんね(@_@;)


それはそうと、世界で認知されている「和食」といえば寿司ですよね!!
SUSHIですよ、SUSHI!!(笑)

しか~し!!実際に海外の寿司を見てみると・・・
海外寿司
こんなんだったり・・・

カリフォルニアロール
こんなんだったりしますよね。

我々、日本人の目からしてみると、「え~、これが寿司??」と思いたくなるのが正直なところです(・.・;)

でも、若造は思うのです。食文化なんてものは互いに影響し合って、新しいものが生まれてくるのだと!!

例えば、イタリア人が日本のナポリタンを見ると、「パスタにケチャップぶちまけるなんて!!」と驚くそうですよ。

中国人の間では、今や日本の国民食となっているラーメンは「日本食」だと考えている人も多いです。「拉麺」とは違って、「ラーメン」は新しい料理なんですって。

今や代表的な和食、「天ぷら」も元々はポルトガル料理ですし・・・。カレーなんかも、「Japanese carry」っていう新しいジャンルで見られることもあります。

我々の寿司も海外に出て、新しく生まれ変わったのでしょう・・・「SUSHI」にね(-。-)y-゜゜゜
頑固にならずに、受け入れてみれば、新しい世界が開くかも!!

余談ですが、なんで海外の寿司って海苔を内側に巻いているか知ってますか??欧米では海藻を食べる習慣が一般的ではないらしく、欧米人の目から見ると、海苔は「黒い紙」にしか見えないようですよ(笑) なので、内側に巻いて見えないようにしてるんですね。

お前は寿司とSUSHIのどっちが好きかって!?

いや、ほら・・・若造は江戸っ子ですし・・・うん(笑)

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/54-7772af65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。