上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イスラム銀行

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

今回は「イスラム教」と「銀行」についての記事です。

「なんで??なんで急にイスラム教の話をし始めたの、コイツw」って思われるかもしれませんが、実はコメントにて、この話題を記事にしてほしいというリクエストがあったのです( ..)φ

リクエストされるまで考えたことなかったですが、確かにそうですよね!?
イスラム教の教義と銀行って正に「水と油」ですよね(笑)

と言いますのも、イスラム教の教義には「利子を取ってはいけない」という教えがあるのです。そもそもが金貸し業である銀行には、厳しい教えですよね。

世界にはイスラム国家と呼ばれる国々があります。イスラム教の教えが政治や法律に密接にかかわっている国を指すのですが、そのような国々でイスラム教に反することをすると逮捕までされます。

例えば、イスラム教国のサウジアラビア。この国は世界的な産油国で、日本の石油輸入先第1位でもあります。国内はオイルマネーにより近代的であり、強力な軍隊も有している国です。

しかし、イスラム教国と呼ばれるだけあり、法律にはイスラム法(シャリーア)の影響が色濃く出ています。どのぐらい影響されているかと言うと以下の事件があるぐらいです(・.・;)
     
        ↓クリック↓
「魔術」行った男に死刑執行、サウジで昨年に続き。

そうです、サウジアラビアでは「魔術」使ったら死刑なんです。「ミンキーモモ」も「サリー」も「アッコ」も「セーラームーン」も「おじゃ魔女」も「プリキュア」も「なのは」も「まどか」もまとめて死刑です(笑)

ちなみに処刑方法は「斬首」です。斬首の執行を家業としている「死刑執行人」がいまして、彼らが死刑を執り行います。この斬首刑、執行直前までに被害者遺族が死刑執行人に「許す」と言えば、なんと裁判を経ずに死刑が中止になるというシステム。このシステムにより、取り止めになる死刑も多いのだとか・・・。

おっと・・・話が逸れました・・・(-。-)y-゜゜゜

まぁ、何が言いたいのかというと、これほどイスラム教に厳格な国々があるんですよってことです。

では話を最初に戻して・・・イスラム教国にある銀行(イスラム銀行)はどうしているのでしょうか。改めて言いますと、イスラム教では「利子を取ること」が禁止されています。何もせずに金を儲ける(不労所得)のは倫理に反しているそうです。

実は銀行はある解釈によって、業務を行っているのです。その解釈とは「「利子」はダメでも、「利潤」はオッケイ」というものです。

簡単に言いますと、「利子」を取る融資は行いませんが、「利潤」を求める投資を行います。

例えば、投資を行った先が破たんした場合、投資した分、銀行も損をします。しかし、融資の場合は夜逃げでもされない限りは絶対に元本は保証され、「利子」も無条件で手に入ります。銀行もリスクを負っているという点で、投資による利潤が許されているのです。

また、イスラム銀行に独特なのは、物を貸し与えるという形での融資を行っている点です。

土地を買いたい不動産会社があったとします。普通は、不動産会社が銀行にお金を借りて、土地を買うわけです。しかし、イスラム銀行ではそういうことが出来ません。代わりに、イスラム銀行が土地を買い、それを不動産会社に貸し付けるのです。金ではなく、土地を貸し与えるという、ある種の「リース」業としてしまうわけですね。

まとめると・・・イスラム銀行でやってはいけないのは、融資を代表とした「金だけを行ったり来たりさせる」業務です。なんとか、イスラム法の縛りを抜け出そうとした結果が、「現物をからめること」だったわけです。


リクエストくれたkirinnさん、以上の説明で納得していただけます??(・.・;)

今回はこのへんで

ではではノシ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/61-07b92b00
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。