上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自衛隊

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

今更ですが、私は安全保障学を専攻しております。リアルで会う色んな人にそれを言うと、大体いくつかの決まった質問が返ってくるのです。ということは、多くの人が気になる質問でもあるはず!!

ってなわけで、今回はそれらの質問に答えてみようと思います。
べ、別に記事のネタが無いわけじゃないんだからね///(笑)

よく聞かれる質問編

Q1.安全保障学ってなにを勉強する学問なの??

A1.う~ん、実に難しい質問です。「政治とは何か??」って質問と同じぐらい難しいです。安全保障とは「かけがえのない何かを、何かから、何らかの手段で守る」って感じです。

代表的なのは、「国をどうやって脅威(他国の軍隊・テロリスト・災害etc...)から守るか」ですかね。若造もこれです。「どうやって日本を脅威から守るか」を勉強しています。

ちなみに「都市をどうやって災害から守るか」ってのを研究するのも、安全保障学に含まれます。何も軍事だけではないんですね。



Q2.自衛隊って強いの??

A2.う~ん、これまた難しい質問です。自衛隊は装備の質は世界でも指折りです。隊員の錬度もとても高いです。しかし憲法9条を始め、様々な制約があり、身動きが取りづらいという欠点があります。

また、能力に偏りがあります。これも憲法9条が密接に関わっているのですが、日本は憲法により「攻撃的兵器」を持つことが難しいのです。ゆえに、守るのは得意ですが、攻めに弱いと言われています。

日本の防衛費は世界5位(2013年)です。とはいえ、日本は人件費が高いので、そのおよそ半分は人件費に消えています。今年、久しぶりに防衛費が増額されましたが、ここ10年ほど減額され続けてきましたので、来年にもどうなるか分かりません。

それと、基本的に自衛隊は有事(戦争)の際、アメリカ軍との連携を前提としていますので、弾薬等の補給物資が豊富にあるとも言えず、全力で3日間戦ったら、弾薬が足りなくなると言われています。

以上のことから、自衛隊が強いのかと聞かれたら以下のように答えます。
「自衛隊に負けないのは簡単、自衛隊に勝つのは難しい」



Q3.日本と中国が戦争になったら、日本は勝てる??

A3.う~ん、これまた難しい質問・・・またかよ(笑)

そもそも戦争の勝ち負けってどうやって決まるんですかね??太平洋戦争みたいに無条件降伏で終わる戦争なんてほとんどありません。大体は講和です。

戦争と一口に言っても、様々なものがあります。「敵国を完膚なきまでに崩壊させる」、「ある地域を奪取する」、「ある地域を敵国から守る」などなど何を目的にした戦争なのかによって勝ち負けの条件が変わるんですね。

例えば、戦国時代、武田信玄と上杉謙信は幾度となく戦いました。その中でも最も有名なのは「第四次川中島の戦い」です。武田軍2万と上杉軍1万3千が決戦を行った大規模な戦いです。

この戦いは武田・上杉、共に「我が方の勝利」だとしたそうです。
と言うのも、この戦いの結果は以下の通りだったのです。

(損害)武田:約4000 上杉:約3000
(戦後)上杉軍が越後に撤退

武田側は、「上杉軍を越後に追い返した」ということで「武田の勝利」と言いました。上杉側は、「武田軍のほうが損害が大きい」ということで「上杉の勝利」と言いました。

なるほど、どちらの言い分も間違ってませんね。このように、戦争の勝敗は実に微妙なものなのです。他にも、第二次世界大戦で最も多くの損害を出した国は、2000万人死んだソ連ですが、皆さんご存じのようにソ連は戦勝国ですよね??

なので、まだ起きていない戦争に対して「勝てる??」と聞かれても、「ぶっちゃけ、やってみないと分からない」って言うしかないです(-_-;)



蛇足な質問編

Q1.戦争したいの??

A1.戦争したいわけないよ!!
「ガンを研究している医学者」はガンになりたいって思ってんの!?
むしろ、戦争の悲惨さはそこらの人より知ってるから、人一倍したくないよ!!



Q2.戦争の勉強してるなんて、ちょっと怖い

A2.そんなこと言うなよ・・・(´;ω;`)


Q3.そういう業界に就職するの??

A3.そういう業界に就職します。自衛隊じゃないですが・・・。
  日本を守るために頑張ります\(゜ロ\)(/ロ゜)/



こんなもんですかね(笑)

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/62-d396dbe4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。