上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
憲法9条

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

今回はリクエストされたテーマ第三弾ということで憲法9条改正問題を取り扱ってみたいと思います。

でも、あれやね・・・リクエストされると自分で内容を決めなくていいから楽やね(笑) 毎日の夕飯のおかずを決める主婦の方々はさぞ大変でしょう(-。-)y-゜゜゜

さて、さっそくですが、「憲法9条って何だっけ??」ってとこから始めましょう。

憲法9条は以下の条文で成り立っています。

1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


平和を求める素晴らしい憲法ですね。

第二次世界大戦・太平洋戦争終結後、日本は連合軍に占領され、主権を喪失しました。その占領時代に作られた憲法が今の「日本国憲法」です。

当初の9条の条文は
1.国の主権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、他国との間の紛争の解決の手段としては、永久にこれを抛棄する。
2.陸海空軍その他の戦力は、これを保持してはならない。国の交戦権は、これを認めない。


というものだったのですが、衆議院帝国憲法改正案委員小委員会にて、有名な「芦田修正(あしだしゅうせい)」が行われ、今の条文になりました。

これがめちゃくちゃ重要な修正でありまして、「前項の目的(国の主権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使)を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。」と解釈することが出来るようになり、自衛のための実力(自衛隊)を持つことが出来るようになったのです。

もしかしたら、難しいとお考えかもしれませんが、結局のところ大切なのは、自衛隊の存在を許しているのは、憲法の「解釈」であるという点です。

普通に考えれば自衛隊は軍隊であり、憲法9条がある以上、存在が許されるものじゃありません。それを合憲にするべく、「自衛隊は軍隊じゃなくて、自衛のための実力である」という少し無理のある解釈を行い、どうにかこうにか自衛隊を存続しているのが現状なのです。

自衛隊が日本に必要なのは、誰しも分かっていると思います。
中国との尖閣問題!! 北朝鮮の核開発!! 韓国との竹島問題!! 北方領土問題を抱えるロシアから時折飛来する戦闘機・爆撃機!! 日本のタンカーを襲う海賊!!

日本を取り巻く脅威に対処するには絶対に自衛隊は必要なのです。しかし、そんな必要不可欠な組織である自衛隊は憲法の解釈によって、なんとか成り立っている存在。それじゃダメでしょう・・・(・.・;)

さらに言えば、集団的自衛権の問題もあります。集団的自衛権については前に記事に書いたことがあるので、そちらをご参照ください
  ↓クリック↓
集団的自衛権の解説と「個人的な」意見

元々、憲法9条を作ったアメリカは日本の再軍事国化を防ぐことを目的にしていました。日米安保条約も当初は日本の監視をする意味合いがありましたしね。

ところが、アメリカはその後に後悔することになります。二つの世界大戦が終わり、平和になるはずだった世界は「冷戦」という新たな時代を迎え、平和になるどころか核戦争の危機に瀕することになりました。

アメリカは資本主義国として復興した日本にも、共産主義勢力に対抗するための軍隊を期待したのですが、憲法9条があるせいで、日本は軍事的協力が出来ず、結局はアメリカ軍の負担増を招いたのです。

いや、ぶっちゃけ憲法9条のおかげで日本は経済発展に専念できたという側面はあります。実はアメリカは1950年の朝鮮戦争勃発時に、日本に憲法9条の改正と再軍備を要請したのですが、日本はこれを拒否し、再軍備しなかったという歴史があります。なんだかんだ使いようによっちゃあ便利なんですよ、憲法9条って(-。-)y-゜゜゜

しかし、もう時代が違います。

日本が位置する極東地域の不安定さ、自衛隊に求められる国際貢献、これらに十分に対応するには憲法9条を改正しなければならないのです!!

そもそも、憲法9条に多大な影響を与えたとされる思想家、ハーバート・ジョージ・ウェルズの人権構想では、「平和主義・戦力の不保持が全ての国に適用されて初めて戦争放棄ができる」と記されており、日本だけが憲法9条を守ったところで戦争が無くなるわけじゃないってのは始めから想定されていたんです。

つまり、憲法9条の様な平和憲法は、「いっせ~の せっ!!」で全ての国が適用して初めて意味があるのであり、ただ一国が適用して本当に軍隊を放棄してしまったら、逆に戦争が起きますよ(@_@;)

安全保障学でも「力の空白は地域の不安定化をもたらす」とされていますし、歴史を見ても、その通りですね。

なので、若造は憲法9条改正に賛成であります\(◎o◎)/


・・・と!!ここまで憲法9条改正の必要性を訴えてきたわけですが・・・実のところ若造は憲法9条改正は難しいのではないかと考えています(;一_一)

と言いますのも、憲法改正は今の制度上、憲法第96条第1項にあるように「国民投票」を経なければなりません。憲法9条の是非を国民が投票し、その過半数が賛成した場合に改正されるわけですが、これ・・・過半数を超える賛成集まりますかね??

新聞などの世論調査によれば、憲法9条改正派が増えて、統計上では過半数を超える調査もあるようです。しかし、いざ国民投票となったら、軍隊へのアレルギーが強い日本人ですから、なんだかんだで腰が引けてしまう人が多いのではないかなと思うのです。

まぁ、実際のところ、憲法9条が改正されたら自衛隊が海外の紛争地帯に派遣される可能性がありますし、もしかしたら戦闘行為も行うかもしれません。そのことを受け入れる準備が今の国民には、まだ無いのではないかと私は邪推しているわけです(>_<)

どうです??皆さん、良ければコメントで賛成か反対か書いていってくれませんか??

今回はこのへんで!!

ではではノシ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/68-8c6d4cc9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。