上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
少佐

諸君 私は戦争(映画)が好きだ
諸君 私は戦争(映画)が好きだ
諸君 私は戦争(映画)が大好きだ

殲滅戦が好きだ
電撃戦が好きだ
打撃戦が好きだ
防衛戦が好きだ
包囲戦が好きだ
突破戦が好きだ
退却戦が好きだ
掃討戦が好きだ
撤退戦が好きだ

平原で 街道で
塹壕で 草原で
凍土で 砂漠で
海上で 空中で
泥中で 湿原で

この地上で行われるありとあらゆる戦争行動(を描いた映画)が大好きだ

戦列をならべた砲兵の一斉発射が轟音と共に敵陣を吹き飛ばすのが好きだ
空中高く放り上げられた敵兵が効力射でばらばらになった時など心がおどる
                 
戦車兵の操るティーゲルの88mmが敵戦車を撃破するのが好きだ
悲鳴を上げて燃えさかる戦車から飛び出してきた敵兵をMGでなぎ倒した時など胸がすくような気持ちだった

銃剣先をそろえた歩兵の横隊が敵の戦列を蹂躙するのが好きだ
恐慌状態の新兵が既に息絶えた敵兵を何度も何度も刺突している様など感動すら覚える

敗北主義の逃亡兵達を街灯上に吊るし上げていく様などはもうたまらない
泣き叫ぶ捕虜達が私の振り下ろした手の平とともに金切り声を上げるシュマイザーにばたばたと薙ぎ倒されるのも最高だ
                                       
哀れな抵抗者達が雑多な小火器で健気にも立ち上がってきたのを80cm列車砲の4.8t榴爆弾が都市区画ごと木端微塵に粉砕した時など絶頂すら覚える

露助の機甲師団に滅茶苦茶にされるのが好きだ
必死に守るはずだった村々が蹂躙され女子供が犯され殺されていく様はとてもとても悲しいものだ
英米の物量に押し潰されて殲滅されるのが好きだ
  
英米攻撃機に追いまわされ害虫の様に地べたを這い回るのは屈辱の極みだ

諸君 私は戦争(映画)を地獄の様な戦争(映画)を望んでいる
諸君 私に付き従う大隊戦友諸君
君達は一体何を望んでいる?

更なる戦争(映画)を望むか?
情け容赦のない糞の様な戦争(映画)を望むか?
鉄風雷火の限りを尽くし三千世界の鴉を殺す嵐の様な闘争を望むか?

『戦争(映画)! 戦争(映画)! 戦争(映画)!』

よろしい ならば戦争(映画)だ



と、少佐のありがたいお言葉にあやかってみました(笑)
やっと大学の試験が終わったので、記事を投稿します!!

今回のテーマは「戦争映画」です。
実は・・・というかお察しの通り、若造は結構、戦争映画が好きです。
と言っても、50本も見ていない、にわかレベルではありますが(^_^;) 

私が見た戦争映画の中で、おススメの作品をご紹介していきたいと思います。
なるべくネタバレは無しで( ^^) _旦~~

外国映画編


西部戦線異状なし(1930)

第一次世界大戦時のドイツ軍に所属する志願兵、バウル・ボメイルを主人公とする作品。兵士の目線から見た悲惨な戦場を描いており、バウルは戦争の恐怖・苦悩・虚しさを経験し、人格まで変貌していく。いくら兵士が死のうが、上層部にとってそれは特筆すべきことでなく、報告書には「異常なし」と書かれるのだ。


眼下の敵(1957)

時は第二次世界大戦、ドイツ軍潜水艦Uボートとアメリカ軍駆逐艦へインズが大西洋にて遭遇。Uボートとへインズの命を懸けた一騎打ちが始まった。マレル艦長(アメリカ)とシュトルベルク艦長(ドイツ)の緊迫した知恵比べが続く中、次第に両者は互いを尊敬するようになっていく。


トラ・トラ・トラ(1970)

日米合作映画。太平洋戦争の引き金になった真珠湾攻撃。なぜ日本は真珠湾に奇襲を仕掛けたのか、なぜアメリカは真珠湾奇襲を防ぐことが出来なかったのか。歴史の裏に隠された事実を公平に描いている。作品はほとんどのシーンが事務室内で進行していく地味と言えば地味である仕様だが、最後の真珠湾奇襲のシーンはゼロ戦を始めとした旧日本軍の航空機を本当に作って撮影したものであり、迫力ある仕上がりになっている。


プラトーン(1986)

舞台はベトナム戦争。クリス・テイラーは大学を中退してまで、アメリカ陸軍に志願し、ベトナム戦争に参戦した。しかし、ベトコンの襲撃、ジャングルという環境の厳しさを目の当たりにし、彼は後悔することになる。ベトナム民間人の殺害・凌辱、味方による誤爆、仲間たちの麻薬汚染、実際にベトナム戦争に従軍したオリバー・ストーン監督が描き出す「リアルな戦場」。


ハンバーガー・ヒル(1987)

ベトナム戦争時のアメリカ軍を描いた作品。1969年、アメリカ軍は北ベトナムのゲリラたちと熾烈な戦闘を繰り返していた。新兵として第101空挺師団に配属された14人の主人公たちは、攻撃目標の丘が、「兵士をミンチ(ハンバーガー)にする」というハンバーガー・ヒルだと知らされる。見たら、ベトコンが夢に出ること間違いなし。


スターリングラード(1993)o
予告編がみつからず・・・

第二次世界大戦時のドイツ軍が舞台。スターリングラードと聞くと、おそらくソ連兵を主人公とした2001年の作品の方が有名だが、個人的にこちらのほうが好きである。WWⅡ最大の激戦地と呼ばれた「スターリングラードの戦い」、全てが凍りつく世界で、ドイツ軍はソ連軍と相対することになる。


プライベート・ライアン(1998)

スティーブン・スピルバーグ監督の超大作。「最もリアルな戦争映画」と評される。正直、これを超える戦争映画を見たことがないぐらい素晴らしい出来。時は第二次世界大戦、アメリカ軍にはライアン4兄弟が所属していたが、ジェームズ以外の兄弟は戦死していた。ライアン家の母に一人でも息子を返してあげたいと考えた軍上層部は、ミラー大尉にジェームズの救出を命令。ミラー大尉は7人の部下と共に、危険なノルマンディー戦線にジェームズ救出に向かう。


ブラック・ホーク・ダウン(2001)

1993年、無政府状態となったソマリアに、アメリカ軍を中心とした統合タスクフォースが軍事介入。100名の特殊部隊が向かった首都モガディッシュには、数千の武装民兵が待ち構えていた。題名にもなっている戦闘ヘリ「ブラックホーク」が民兵に撃墜されるシーンは圧巻。また、残っている記録に忠実に描かれている作品でもある。


ロード・オブ・ウォー(2005)

戦争を描くのに、軍隊ではなく、武器商人にポイントを当てた作品。複数の実在する武器商人への取材を基に制作された。ウクライナ出身のユーリーは、アメリカで順風満帆とは言えない人生を歩んでいた。ある日、偶然見かけた銃撃戦をきっかけに、武器商人への道を歩むことになる。真に戦争を作り出しているのは誰か?? 「戦争の支配者」は誰なのか??


硫黄島プロジェクト2作「父親たちの星条旗」「硫黄島からの手紙」(2006)


太平洋戦争激戦地となった「硫黄島の戦い」を日米両方の視点から描いた2作。「父親たちの星条旗」は戦場で象徴的な写真の被写体となった主人公が、その後「英雄」として祭り上げられ、国民から戦費を調達することに利用されることに苦悩する。「俺を英雄と呼ぶな」という一言に重みがあります。「硫黄島からの手紙」は日本視点の作品。絶海の孤島で孤立無援の状況に置かれた硫黄島守備兵は圧倒的な戦力を以って侵攻してくるアメリカ軍を迎え撃つ。もはや生きて日本に帰ることは出来ないと覚悟するも、本土に残した家族への手紙をしたためる。アメリカにも、日本にも偏らない視点で戦争を描いたクリント・イーストウッド監督は本当に凄いと思います。


レバノン(2009)

イスラエルによるレバノン侵攻を描いた作品。最近見た映画の中では頭一つ抜けていました。戦車の中という狭い空間のみでストーリーは進んでいき、外の様子は砲撃手のスコープ越しにしか分からない。この特殊な構成により、戦争の全貌を把握できないのに、戦場に放り込まれた兵士の心情を表現している。


日本映画編


二百三高地(1980)

日露戦争で大激戦地となった「旅順要塞攻略戦」が舞台。金沢で教師をしていた小賀武志は日露戦争が起こるにあたって徴兵され、戦地に赴く。しかし、旅順にはロシア軍が構築した難攻不落の大要塞が存在した。この要塞を攻略するために、日本軍は多大な犠牲を払うことになる。ロシア文学を学び、ロシアを敬愛していた小賀はこの戦争の中で、次第にロシアを憎むようになっていく。


ローレライ(2005)

福井晴敏の小説が原作。ただし、原作とは別物だと考えた方が良いかも。戦争映画というよりも、ファンタジー映画に近いかもしれません。太平洋戦争末期、アメリカ海軍である噂が流れていた。美しい歌を響かせながら米軍艦船を撃破する「鋼鉄の魔女」の噂が。広島に次ぐ第2の原子爆弾が東京に落とされるのを防ぐため、絹見真一はドイツの秘密兵器が搭載された潜水艦「伊五〇七」の艦長として出撃する。


男たちの大和(2005)

旧日本海軍が誇った最大最強の戦艦「大和」。昭和20年4月、敗色が日増しに濃くなってくる日本は、戦艦大和に沖縄出撃が命じられる。出撃前日、乗組員たちは上陸が許され、思い思いの人と最後の時間を過ごす。実物大「大和」スケールのセットが作られ撮影されたので、戦闘シーンの迫力は邦画の中でも指折りである。


俺は、君のためにこそ死ににいく(2007)

1945年、敗戦寸前の日本が舞台。沖縄に上陸してきた米軍を食い止めるために特攻隊に出撃が命じられる。「特攻隊の母」と呼ばれた鳥濱トメの視点から、特攻隊として死に逝く若者たちの短い青春を描いている作品。右派的人物として有名な石原慎太郎が脚本を手がけたこともあり、左翼的な方々から「太平洋戦争賛美」だとして批判を浴びた作品であるが、この作品を見て戦争賛美と捉える人はおよそいないと私は思う。


真夏のオリオン(2009)

おそらく、上でも紹介した「眼下の敵」の影響を色濃く受けている作品。太平洋戦争末期、日本軍潜水艦「イ-77」は天才的な戦術を駆使する倉本孝行を艦長とし、米軍輸送艦を次々に撃沈していた。しかし、「潜水艦ハンター」と呼ばれるマイク・スチュアート率いるアメリカ軍駆逐艦「パーシバル」が「イー77」を撃破するために動き出した。


太平洋の奇跡-フォックスと呼ばれた男-(2011)

日本軍が玉砕したサイパン島にて、生き残り47人を率いて45000人の米軍を翻弄した実在の人物、大場栄大尉を主人公とした作品。1945年のポツダム宣言後も、終戦を知らずに戦い続けた実話を基にしている。個人的にこの作品の中で歌われる「歩兵の本領」という軍歌が好きである。


こんな感じです。ちなみに、「私は貝になりたい」などの戦後処理に関する作品や、「ヒトラー 最後の12日間」の様な戦争に焦点を当てていない作品は抜かしてあります。ラインナップを見ると、いかに若造がにわかか分かりますね(笑) でも久しぶりの記事ですし、動画をたくさん貼った贅沢な記事にしました(^_^;) 編集画面が重い重いw

ブログ拍手してくれたら、嬉しいんだからね///
あ、これじゃツンデレになってないな(笑)

ではではノシ


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/88-b2c3d5d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。