上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
舛添要一

皆さん、こんにちは($・・)/~~~

先週は更新を休んで申し訳ありません。実は、若造は塾で講師のアルバイトをしているのですが、受験を控えた生徒たちにオリジナル歴史プリントを作ってあげようと思い、先週はプリント作りに時間を割いていたのです(^_^;)

ところで・・・雪!!
なんですか一昨日の降雪量は!?
若造は昨日、我が家の駐車場の雪かきをしたのですが、おかげで上半身筋肉痛です(笑) 雪国に住んでいる人の苦労が少しは実感できました・・・。

さて、そんな話は置いておきまして、今回の話題は、昨日投開票が行われました都知事選を取り上げたいと思います。

昨日の投開票の結果、「舛添要一」氏が当選し、都知事になることが確定しました。その開票結果は以下の通り↓↓↓

有効票総数:4,869,098票
舛添要一 氏:2,112,979票
宇都宮健児 氏:982,594票
細川護熙 氏:956,063票
田母神俊雄 氏:610,865票

以下略・・・
(詳しく知りたい方は選挙管理委員会のサイトをご覧ください→http://sokuho.h26tochijisen.metro.tokyo.jp/)

1位:舛添要一、2位:宇都宮健児、3位細川護熙、4位田母神俊雄と、得票数順は下馬評通りですね。しかし、得票割合を見ると、43%が舛添要一氏でありますから、舛添要一氏の圧勝と言う評価が出来ます。2位と3位の得票数を足しても舛添氏の得票数に勝てません(-。-)y-゜゜゜

なぜここまで、舛添氏が圧勝したのでしょうか??
若造も都民ですから、もちろん投票を行いました。そして、実は舛添氏に投票しました。そんな都民の目から今回の選挙の感想を述べたいと思います。

まず投票前から盛んにメディアに取り上げられたのは、舛添氏・宇都宮氏・細川氏・田母神氏の4人です。しかし、メディアで最大の争点として扱われたのは、なぜか都政と関わりの薄い「原発問題」であり、有権者である都民が置いてけぼりになった感が否めません。

今日になって雇用・福祉問題が大きく取り上げられだしたのが、ちょっと滑稽であり、憤りを覚える印象です。

そして、各候補の都政政策が都民に浸透していないことに加え、投票日前日の大雪ですよ。雪国の人にとっては鼻で笑えるレベルかもしれませんが、20センチを超える降雪量は東京都にとっては異常事態です。

投票日には道と言う道が雪で覆われ、雪慣れしていない都民が外出するのは大変なことでした。あれは老人とかは投票に行けませんよ。その結果、投票率は46.16%という過去3番目の低さとなりました。

今回の選挙戦の印象は以上です。なぜ、舛添氏が圧勝できたかですが、個人的な意見を述べさせていただきますと、ずばり「無難」だからです。

正直言っていいですか?? 「ロクな候補者がいねぇ!!」というのが多くの都民の意見だったように思えます。しかも、各候補者の政策も具体的に把握できていませんので、投票した人の多くが消去法で選んだのだと考えます(^_^;)

舛添氏を「素晴らしい政治家」だと考えている人がどれだけいるか分かりません。しかし、彼は「無難」なんですよ。有力候補の中で一番、中間的な政策を掲げており、かつ大臣経験者でもある舛添氏は、消去法で投票する投票先としては頭一つ抜けているでしょう。

よって舛添要一氏が大勝する結果になったのだと思います。

今回の投票結果で面白い点がもう一つ、それは20代という若い層で田母神氏の得票率が高かったことです。田母神氏は年代が若くなればなるほど得票率が上がっております。(20代:24% 30代:17% 40代:14% 50代:11% 60代:7% 70代以上:6%)

田母神氏は候補者の中でとりわけ保守色が強い候補でして、良いか悪いかは別にして、若い世代の中で「保守思想」が評価を得るようになっていることを示しているのでしょう。田母神氏は元航空幕僚長(航空自衛隊のトップ)というのを最大のウリにしていましたしね。

若造もどちらかと言えば保守的な方ですが、田母神氏とは考え方が違うのと、彼は政治家には向かないなと考えたことで、今回は投票を見送りました(゜_゜>)

それにしても・・・投票率低いな~~・・・(@_@;)
良いと思える候補者がいなくても、とりあえず投票することは民主主義にとって重要なんです。白紙投票でもいいので、出来る限りは投票するようにしましょう<(_ _)>

ではではノシ
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouinosan.blog.fc2.com/tb.php/91-3ecdc482
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。